このページではアカウントの新規作成からLinty for KAIROS3との連携に必要な設定をするための手順を掲載しています。
Linty for Kairos3 が LINE 公式アカウントと連携するためには

  1. LINE for Businessの設定
    1. LINE for Businessのアカウント作成
    2. LINE公式アカウントの開設
    3. Messeaging APIの有効化
  2. LINE Developersの設定
    1. チャネルの作成
    2. Channel access tokenの作成
  3. WebhookURLの有効化
    1. LINE公式アカウントでWebhookURLを有効化する
    2. LINE DevelopersでWebhookURLを有効化する

上記をそれぞれ作成/設定する必要があります。

1-1.LINE for Businessのアカウント作成

まずは以下のURLから遷移して、LINE for Businessのアカウントを作成します。
https://www.linebiz.com/jp/

LINE for Businessトップページから「アカウントの新規開設(無料)」を選択します。

「LINEビジネスIDの作成はこちら」をクリックします。

メールアドレスを入力し、「登録用のリンクを送信」をクリックします。

入力したメールアドレス宛に登録用のリンクが送信されます。

入力したメールアドレスに届いたメールから、登録用のリンクをクリックします。

リンクをクリックすると、ふたたびLINE for Businessのサイトへ遷移します。
登録する担当名、パスワードを入力してください。

登録した名前、メールアドレス、パスワードを入力してLINE Business IDにログインしてください。

登録が完了します。「サービスに移動」をクリックしてください。

1-2.LINE公式アカウントの開設

「LINE公式アカウントを作成」をクリックします。

アカウント名、メールアドレス、業種を入力してください。
会社/組織名は任意入力となります。

入力した内容を確認し、問題なければ「完了」をクリックしてください。

これでLINE公式アカウントが作成されました。

1-3.Messeaging APIの有効化

設定を行うため、「LINE Official Account Managerへ」をクリックしてください。

初回遷移時には規約同意を求められます。
内容を確認し、同意できる場合「同意」ボタンをクリックしてください。

チュートリアルが表示後、ホーム画面が操作可能になります。


「設定」をクリックしてください。

「Messeaging API」を選択し「Messeaging APIを利用する」ボタンをクリックしてください。

開発者名とメールアドレスを入力してください。
LINE公式アカウント作成時の名前、メールアドレスと同じものでも問題ありません。

入力した内容を確認し、問題なければ「OK」をクリックしてください。

プロバイダー名を入力し「同意する」ボタンをクリックしてください。
※プロバイダー名とは、サービスを提供し、ユーザーの個人情報を取得する開発者個人、企業、または団体等のこと指します。

プライバシーポリシーと利用規約のURLを入力してください。
無い場合は無記入で問題ありません。入力後「OK」をクリックしてください。

いままで入力した内容でMesseaging APIを利用するか確認画面が表示されます。
内容に問題なければ「OK」をクリックしてください。

「1-3.Messeaging APIの有効化」が済み、ここまでの操作で「1.LINE for Businessの設定」は完了しました。
この画面で作成される「Channel ID」「Channel secret」はLintyを使用するにあたり必要な文字列となります。
お申し込み時にご共有いただくため、メモなどに文字をコピー&ペーストしておくことをお勧めします。

次に「2.LINE Developersの設定」へと進みます。