このページではアカウントの新規作成からLinty for KAIROS3との連携に必要な

  1. LINE for Businessの設定
    1. LINE for Businessのアカウント作成
    2. LINE公式アカウントの開設
    3. Messeaging APIの有効化
  2. LINE Developersの設定
    1. チャネルの作成
    2. Channel access tokenの作成
  3. WebhookURLの有効化
    1. LINE公式アカウントでWebhookURLを有効化する
    2. LINE DevelopersでWebhookURLを有効化する

の作成の手順を掲載しています。

3-1.LINE公式アカウントでWebhookURLを有効化する

WebhookURLを作成するためのお申込み

ここまでの手順で、webhookURLを作るために必要な以下の情報がそろいます。
「Channel ID」
「Channel secret」
「Channel access token」

こちらのLintyお申込みフォームからお客様の諸情報と、上記3つのの項目お送りください。
使用開始に必要な登録処理とwebhookURLの発行を行い、折り返しご連絡させていただきます。

折り返し連絡でWebhookURLが届いたら

下記のURLからLINE for Businessにログインしてください。
https://www.linebiz.com/jp/

ログイン後、「webhookURL」を設定します。
画面右上の「設定」をクリックしてください。

画面左の「Messeaging API」を選択し、発行されたWebhookURLを入力して「保存」をクリックしてください。

これでLINE公式アカウントでWebhookURLが有効化されました。

3-2.LINE DevelopersでWebhookURLを有効化する

下記のURLからLINE Developersにログインしてください。
https://developers.line.biz/ja/
ログイン後、画面右上の「LINE Developersコンソール」を選択してください。

前段で作成した「プロバイダー」名を選択してください。

前段で作成した「チャネル」名を選択してください。

「Messeaging API」を選択し「Use webhook」のスイッチをオンにしてください。

これでWebhookURLの有効化がされ、LINEに関係する設定が完了しました。